2018年08月17日

ヤマハ アコースティックギター FS SERIES オータムバースト FS820AB


くびれの深いコンパクトなボディシェイプ
表板はスプルース単板
裏・側板はマホガニー
新開発スキャロップドブレイシング
※ネック材のマホガニーにつきましては、マホガニーの代替木材ナトーを使用しております。
色もバラエティーに富んでます
裏・側板にマホガニーを採用。あたたかみのあるパワフルなサウンドと豊富なカラーバリエーションが魅力。くびれの深い薄くコンパクトなボディが圧倒的な弾きやすさを実現。コードストロークにもフィンガー・ピッキングスタイルにも対応できるモデルです。

FS820
あたたかみのあるパワフルなサウンド

プレイヤーの身体にフィットする、くびれの深いコンパクトなボディシェイプ。左手の確実な押弦をサポートする柔らかな弦テンション。圧倒的な弾きやすさは、ギタリストを表情豊かなプレイに導きます。新設計のブレイシングで、薄いボディとは思えないほど太くパワフルな鳴りを実現。コードストロークにもフィンガーピッキングにも対応できる頼れるモデルです。

裏・側板にマホガニーを採用。あたたかみのあるパワフルなサウンドと豊富なカラーバリエーションが魅力。


特長

新開発スキャロップドブレイシング
拡大表示



ローズウッド採用


高い演奏性と独創性あふれるデザイン
拡大表示

新開発スキャロップドブレイシング

ヤマハギターチームが新しく開発した木工加工技術により、中低音域における音量を強化し、パワフルなサウンドを実現。

設計者たちは、過去の経験や推測に基づいた開発ではなく、音の実験、解析をとことん行い、科学的に音の進化を解明。

その解析から新たなデザインのブレイシングに到達し、音の肝である表板の耐久性を維持しながら、かつてない表現力をもった音を生み出しました。


ローズウッド採用

裏側板にローズウッドを採用。

長めのサスティンが魅力。

深みのある低音と明るい高音を実現しました。

高い演奏性と独創性あふれるデザイン

FGよりも10mm薄い胴厚構造は、音量と低音域の鳴りを損なうことなく、快適な演奏を実現しました。

抱えやすいボディシェイプは小柄な方にも、初めてギターを弾く方にもおすすめです。

小型なボディからは想像出来ない音量とパワフルな鳴りは、幅広いシーンで活躍できるモデルです。




posted by solomon at 19:33| Comment(0) | 弾き語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする